FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

*日々迷走中*

声優成田剣さんと福山潤さんが大好きな私の日常と、お二人の素敵情報☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

悔しいけどおめでとう。 

ちょっとF1ネタだけ。
昨日(というか今日の早朝だけど…)のレースはきちんと見ました。
放送前に再放送してた予選も見て、マッサがポール、ライコネンが3位、ハミルトンが4位、コバライネンが5位の位置で、しかも2位にトゥルーリをはさむというフェラーリ勢にとっては願ってもない予選位置。
しかもスタート直後、確かにあまりやれる仕事がないコバライネンでしたが、彼がずるずる後退して、ライコネンがポジション守ったところでガッツポーズ。
序盤から雨とクラッシュのせいでセイフティーカーのレースになってひやひやでしたが、その後もほぼこう着状態。
ただ、クルサードのラストランが本当に最初の最初で終わっちゃったのが残念でした。
ラストランの人って、結構最後まで走りきれる人がいないような気がする…。

しばらくは動きがなく暇なレースだなぁ(確かその時点でハミルトンが5位かそのあたりだったので)と眺めていたんですが、本当に最後の最後。10分ほど前にまた突然の雨!
もしかしたらこれでハミルトンが6位以下に下る可能性があるかも!と俄然見る気に(笑)
今回マッサが優勝の場合、ハミルトンが5位に入れば文句なしのハミルトンの総合チャンピオン。
6位に入ればマッサとポイントが並ぶため、優勝回数が多いマッサのほうがチャンピオンという条件でした。
結局トヨタあたり以外がレインタイヤにはきかえるためにピットに入り、その間に順位が変動。
1位マッサ、2位アロンソ、3位ライコネン、4位ハミルトン、5位ベッテル、その後どっかにグロックがいたはず。
そしたら、ベッテルがまずハミルトンにおそいかかり、そのときに周回遅れだったクビサがぬけるスピードだったからかハミルトンを抜いた瞬間にハミルトンがバランスを崩しそれをぬうようにベッテルが抜き、ハミルトン5位。そしたら今度レインタイヤにはきかえなかったグロック(当初そのままステイアウトしてたグロックの方が早かったんで)がハミルトンを抜き、これでハミルトンが6位。
もう明け方4時前だってのに悲鳴ものですよ~。
ファイナルラップになってもハミルトンがベッテル(どのような状況か忘れたけど、グロックのが前でした)をぬけそうになかったので、もうこれは!と確信してました。
マッサが総合チャンピオンだと。
彼自身はここで優勝を取るということをやりとげたし、ハミルトンとの間にライコネンも入りライコネンも自分の仕事はしましたし。
ただ、最後の最後の最終コーナー。
まさかのトヨタ失速!!!!
後10秒ちょっともってくれれば…という感じで、ギリギリのところでレインタイヤじゃないトヨタ勢(グロックとトゥルーリ)がタイムを落としてしまい、それを見逃さなかったハミルトンがグロック抜いちゃって5位に返り咲き。
もうもう、あのときは川合ちゃんか今宮さんあたりが、「グロックが失速」みたいなこと言わなかったら、私もフェラーリピット同様歓喜の渦でしたよ!!
まさにこれこそ天国と地獄ですよね…。

でも、最終レースは面白かったです。
いい意味でも悪い意味でもトヨタが演出してくれたような。
まぁ、今年のフェラーリとマッサは不要なところでポイント落しすぎたので、この結果は仕方ないですね。
特にあのホース事件がなかったらこんなにもつれなかったし。
らくらく前回の中国で決めてたかもしれないのに。
そういう意味ではまずは来年に向けてピットクルーをしっかりさせることから始めたほうがいいかも。
そろそろシューマッハに監督させたらどうですか?(笑)

コンストラクターズはとったとはいえ、悔しいなぁ~。
スポンサーサイト

Posted on 2008/11/03 Mon. 11:52 [edit]

category: F1

TB: 0    CM: 0

03

荒れたカナダGP 

久しぶりにいろんなことがあったレースなんで書きとめておこうかと。
ただ、さすがにいろいろありすぎて、順番などもぐちゃぐちゃだと思うのですが、それはわかってるので突っ込み無でお願いします(笑)
あ、F1話なので興味ない人はスルー推奨。

まず予選は新人のハミルトンがポールを取ったところから、なんかちょっといつもと違うぞーみたいな感じだったんですが。
アロンソは2番手。ライコネン4番手、マッサが5番手と、フェラーリ勢が今回は相手にしてもらえないんじゃないかというスタート位置。

スタートはバトンがストップした以外は何事もなく入った感があったけど、直後にアロンソがオーバーランしてたりして、なんだか今日のアロンソはいつもと違うなぁという印象でした。
そんな中ハミルトンは余裕で後ろを引き離していく感じで。
マッサがうまくライコネンをかわしていったけど、ライコネンは誰かに前に入られちゃってました。うーん。
ハミルトンのピットが終わるまではほとんど大きなことがなく、唯一アロンソがオーバーランしてそこをマッサが抜いていってたってことくらいだったかな。
そのハミルトンの1回目のピットインが終わった後くらいにセイフティーカー。
そのときに運悪く入ってたアロンソとロスベルグがどっちも給油しちゃってたのでペナルティ。(SCがコースインする合図が出た後は、ピットオープンの指示が出るまではタイヤ交換はOKでも給油はアウト)
SCが退いた後にペナルティでピットイン+10秒静止なのでほぼ最後尾に。
そんな中クビサの事故だったかな。もう時系列があやふやなんだけど。
さすがに今回はビックリしました。
まず最初にかなりのスピードでウォールにぶつかり、跳ね返されて一回転しながら逆のウォールにぶつかって止まったわけで。後で見たら車体は半分以下ってか、モノコックくらいしか残ってなかったような…。
かなり体と頭が揺れてたのでもしかして…とは思ってましたが、途中で話せるという情報が入り、ラストに足の骨折の情報が入ってきて、少しだけ安心しました。しばらくレースには出られないでしょうが、命があったのでそれだけでも良かったです。
ただ本当にここから荒れてきたというか。
アロンソは多分今回のレースで恐らく同じ場所で最低4回は同じミスしてますし、SCは通算何回入ったんだっけっていうくらい入ったし。4回かそれくらい。
そのたびに順位は入れ替わるし。
そして極めつけが1回目のピットインのときのマッサとフィジケラの赤信号無視。
なんかピットを出るときに赤信号が出てたら止まらなきゃいけないルールがあるらしく、しかしこの2台はそれを無視して出て行ったため、なんと黒旗。即失格です。
おいおい~っ!!
結局最後のSCがのいた後は、ハミルトン、ハイドフェルド、ブルツ、コバライネン、ライコネン、アロンソ、ラルフ、琢磨の順。
が、ラッキーなことに琢磨が最後のSC中に一度ソフトをはいて、しかしどうやら連絡ミスがあったのか給油が用意できてなくてそのまま出たので、その後もう一度給油&タイヤ交換をして出て行くということがあり、その短い期間に義務のソフトタイヤをはいてしまったおかげで、最後をハードで戦えることに!
ラスト4周だったかでまず前のラルフをとらえ、結局最後まで調子が出なかったアロンソを次の周だったかにかわして、なんと6位!!
ポイント3を獲得ですよっ!!!
きゃぁ、おめでとーーー☆
結局ライコネン以下の順位が琢磨、アロンソ、ラルフになってレース終了。

今回は全ての運がハミルトンに、そしてアロンソは全くらしくないレース、琢磨は棚ぼた、フェラーリは運なしなレースだったような。多分今回フェラーリは全く戦闘力なかったと思うので、ライコネンのこの位置が精一杯だったかも。
それにしても脅威の新人が出てきましたね。
今年唯一表彰台の乗り続けてた人がついに頂点ですよ。
末恐ろしい。
てか、マシンがよければ、もしかしたらミハエルの記録に挑戦できる人になれるかもですね。まぁ、まだ先がわからないけど。
それとは対照的に、本当にアロンソはらしくないというか、これだけ同じところでミスを繰り返すアロンソは初めて見たと思います。
ライコネンは……遅すぎですね><
マッサは、赤信号無視してんなよっ!といってやりたい気分でした。
アメリカGPはちゃんと盛り返してくれることをフェラーリには期待したいかな。
1週間やそこらじゃ無理かもだけどね。

とりあえず今日はすごいレースでした。
ちょっとこんな荒れたレースは1年に1度くらいにしてもらいたいものです。

Posted on 2007/06/11 Mon. 04:15 [edit]

category: F1

TB: 2    CM: 0

11

Thanks Michael Danke Michael  

ブラジルGPがたった今終わりました。
結果は4位。
でも、予選10位からスタートし、最初は好調に抜いていくも、セイフティーカーが入りぬけた後にフィジケラをかわしたところで左のリアタイヤがバースト。
ちょうど1コーナーあたりだったので、ほぼ1周をそのバーストしたタイヤで戻ってくることになり、ピットアウトしたときはトップのマッサがほぼ後ろに見える位置。つまり、その時点で誰も周回遅れになってないので最下位で、しかも約70秒差(このサーキットは1周約1分10秒強)。
その時点ですでに表彰台はないかと思ったのですが、燃料つんでもミハエルは速かったです!!
次々にオーバーテイクしていき、気がついたら順位が一ケタ台。
その後ピットなどに入るもスピードは衰えず、難関のフィジケラをかわし、意地で抜かせまいとしていたライコネンもかわし、最終結果は4位。
しかも最後の周だったかその前だったかに、しっかりとそのサーキットのファステストラップ(最速ラップ)をきざんでの4位。
まざまざと最速だということをみせつけてくれたレースでした。
シューマッハのベストレースは他にもあると思います。確か鈴鹿だったかでもほぼ最下位の予選結果になったにも関わらず優勝かそれに次ぐ順位かで完走したようなレースが。
でも、この最後のレースも彼を語るには必要なレースとなったでしょうね。
本当に最後の最後まで攻めるレースを見せてくれた彼に感謝です。
まだまだ走れるのに…とは思いますが、一つの心のゆるみが事故につながり、最悪なことになれば命を失いかねないスポーツです。
このあたりで引退するのがもしかしたらベストなのかもしれませんね。
それでなくても、この10数年間、F1界を支え、盛り上げてきたプレッシャーというものはすごかったと思いますし。
本当に本当に、最後にこんなレースを見せてくれてありがとうと言いたいです。
こんな波乱万丈な最後のレースも彼っぽくていいかもしれませんねvv


彼の走りに出会えて、本当に良かったです。
ありがとう、ミハエル。



ちなみに、今回のタイトルは、土曜日にBMWのリアウィングに表示されてた文字です。
午前が英語表記、午後がドイツ語表記。
粋なことしてくれますよね、BMWも。
ミハエルもちゃんと見ていたようです。



そしてちょっとだけ結果に触れておくと。
1位はマッサ。
母国GP征しましたね!!
ブラジルではセナ以来、出身者は結構いるのに誰も母国GPを征することができないと言われてました。その中優勝おめでとう!!
しかも今回は完璧な走りでした。
これで彼自身もドライバーズポイント3位を自分で守ることできましたね。
そして2位がアロンソ。
悔しいけど、連続ワールドチャンピオンおめでとう!!
今度のマクラーレンに移ってのレース、楽しみです。
でもって3位がバトン。
内心、アロンソ抜け!!ってずっと祈ってたんですが、ダメでした。
でも、最後に表彰台に乗れたのはホンダにとっては良かったのでは。
そして特筆するのが佐藤琢磨でしょうか!!!
なんと最後のGPで10位完走!!
しかも、一時期はアロンソとかマッサとかよりも速いスピードで走ってたラップもあるそうで。
久しぶりにリタイヤがちょっと多かったレースでしたが、それでも左近が16位ということで最低でも16台は走ってる中の10位。
これはかなり評価できるんじゃないでしょうか!
特にラップタイムが少ないサーキットで、普通ならレース半分も行かないところでラップ遅れにされることが多いのに、今回は50周くらいまでは抜かれなかったんじゃないかしら。
今日のレースは本当良かったと思います。
明日あたり、亜久里さんのコメントと琢磨君のコメント探したいと思います~。

Posted on 2006/10/23 Mon. 04:06 [edit]

category: F1

TB: 0    CM: 2

23

まさかのエンジンブロー(号泣) 

先ほどF1日本GPの決勝が終わりました。

あああああああぁぁぁ……。
ミハエルにとっての最後の鈴鹿がこんな終わり方になるとは、誰が想像したんでしょう。
少なくとも昨日までの様子を見てた限り、こんな結末になると予想した人は少なかったはず。
少なくともファンは、赤いマシンが先頭でチェッカーを受ける姿が目に浮かんでたと思うんですよね。
今日も序盤はそれなりにセーブしながら走ってたと思うし、後ろのアロンソに完璧にあわせこんで、決してムリせず走ってたと思われます。
それなのに、あのエンジンブロー。
ふと白い煙をはいてる赤い車が映ったときには目の前真っ暗でした。
マッサには悪いけど、今回だけは黄色いヘルメットであってほしいと願いましたが、無駄なあがき。
ミハエルの車からしっかりと白い煙があがり、その横を青い車がかけぬけていくシーンが映ってしまいましたね。
動揺してて何周目かだったかすら忘れてしまい、先ほどちょこっと見たところ、ラスト17周だったとか。
きっとサーキット内には悲鳴があふれたでしょうね。
私もその場にいたら、涙してたかもしれません。
そのままレース途中で帰ったかも><
ってのは、やっぱり他のドライバーにも失礼なのでやりませんが、気持ちは帰りたくなっただろうなって思います。

優勝云々より、日本最後のグランプリ、しかも最後の鈴鹿を、53周きっちり走ってほしかったというのが一番の本音です。
1周でも多く走ってほしかった。
1周でも多く、走ってる姿を見たかった。
その結果が入賞圏外だったとしても、それでも長く走ってほしかったので、今回の結果は一番見たくなかった結果かもしれません。
でも、私よりもきっとミハエルが、そして彼よりも今は多分車を作ってるクルーが一番悔しいと思うんで。
次回、次回のラスト1戦。
最後の集大成としてのレースを見たいです。


でも、レースを終えたミハエルに、笑顔があったところに、今期引退を発表してふっきれた皇帝の姿を見た気がします。
今回の鈴鹿では最後まで走る姿を見れませんでしたが、それでもやっぱり王者のレース運びだったと思います。

次回のブラジルGP、心に刻みながら中継を見たいと思います。


○F1日本GP 決勝結果
1、アロンソ (ルノー)
2、マッサ (フェラーリ)
3、フィジケラ (ルノー)
4、バトン (ホンダ)
5、ライコネン (マクラーレン)
6、トゥルーリ (トヨタ)
7、ラルフ・シューマッハ (トヨタ)
8、ハイドフェルド (ザウバー)



15、佐藤琢磨

17、山本左近


琢磨君は頑張りましたよね~。モンテイロやスピード(彼はかなり苦しんでたみたいですが…)をおさえて15位フィニッシュ。
さすがに鈴鹿には慣れ親しんでる分、やっぱり利が少しあったかな。
そして山本左近も一度ピットでミスがありましたが、ちゃんと完走。
初戦にグリッドに並べるか…と思われたチームからすれば、上出来じゃないでしょうか。
最初に起用された井出選手には申し訳ないですが…。
来年はもっともっと経験を積んで、中盤に食い込めるようなチームになってほしいですね。
そしてQ3進出できなかったライコネンは作戦を変えて5位フィニッシュ。
予選結果を考えるとこちらも上出来かと。もう少し終盤のスピードが前半でもあればよかったのですが。
でもって、一番重要なマッサは、途中にハイドフェルドにひっかかったのがいたすぎでした><
あれがなかったら、うまくいけばミハエルがリタイヤした後は自分がラップリーダーになってた可能性もあったかもしれないんですから。
今回は仕事があんまりできてなかったですね、ナンバー2としては。

来年はドライバーの縮図がかなり変わるんで、きっとレース自体も思わない方向にいくかもしれませんね。
そしてそれよりも何よりも、ライコネンに赤いドライバースーツは似合うんでしょうか?(笑)
ここが一番気になってるところです。←他のことを気にしろよ!
今のマクラーレンの力からすると、序盤にアロンソが優勝に絡んでくるとは考えにくいので、当面来期の争いはルノーのフィジケラとフェラーリの二人になるんではないかと予想してます。
当たるかどうかは来年の半ばあたりに、覚えてたら勝手に振り返りたいなって思ってますー。



そして。
レースを見始めてしまって忘れてて、レースが一段落した頃にサーキットのHP見たら、すでにプログラムが売切れでした><
これは地道にオクで探すか何かしなければなぁ……。
ああ、自分のアホ!!!



Yさんへ私信。
同じ頃に叫びたいですねと言ってましたけど、
こんな悲しい叫び方はしたくなかったですね……。
できれば一緒に歓喜の叫びをあげたかったですよね。
ラスト1戦、彼の走りを目に焼き付けましょうね~!

Posted on 2006/10/08 Sun. 15:53 [edit]

category: F1

TB: 0    CM: 2

08

F1日本GP 予選 

すごかったです~vv
本当、フェラーリは別次元でした♪
今回はちょっとルノーと差があるようですね。
それにしても鈴鹿を1分30秒をらくらく切っちゃいましたね~。
本当、この走りを見てしまうと、なんで引退するの?と思っちゃう。
すごい人です。

結局のところ、グリッドではマッサに譲りましたけど、きちんとフロントローからのスタート。
一方のアロンソは奇数グリッドとはいえ3列目。
しかも、フェラーリとルノーの間にはトヨタが2台。
しっかり邪魔者の役目を果たしてね、と期待。


今日の結果は↓
1、マッサ
2、ミハエル・シューマッハ
3、ラルフ・シューマッハ
4、トゥルーリ
5、アロンソ
6、フィジケラ
7、バトン
8、バリチェロ



20、佐藤琢磨

21、山本左近

今回はちょっとスーパーアグリは下位を争ってるチームに差をあけられちゃったかなー。
まだまだ今年はテストの段階だと思うので、来年の富士で力を発揮してくれればと思います。

それにしても、今日はまだ予選だってのにすごい人でしたねー。
これはいくら11時からのフリー走行だったとしても、たどりつくのはギリギリだったかも(^^;
いつもはたいてい近鉄の始発で京都から行ったら、だいたい9時過ぎに白子の駅につき、バスに乗って10時半くらいにサーキット内にたどりつくって感じだったかと思いますが、今年は11時に間に合ったらすごいって感じかもしれませんね。

明日の決勝楽しみです♪

Posted on 2006/10/07 Sat. 23:49 [edit]

category: F1

TB: 0    CM: 0

07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。