06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

*日々迷走中*

声優成田剣さんと福山潤さんが大好きな私の日常と、お二人の素敵情報☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

転生降臨 

西川くんのライブ行ってきましたvvvv
途中苦笑になるはずが大爆笑しちゃった部分もあったり、でもライブ自体はすごく良かったりで、楽しんできました!
とりあえず、あちこちで見かけてた学芸会の意味はわかりました(笑)
殺陣の部分があるんだけど、剣を振り下ろすシーンにもう笑いが止まらず。本人いたって真面目に入りこんでやってると思われるからなおさら(^^;
でも、本編はバラード入れたり、西川くんはけてバンドメンバーの演奏のみの部分もあったりしつつもぶっ通しでいくのっていいですねー。
「休む間ないぞ!」とあおられたけど、確かにほぼ休む間なかったわ。
だけど変にMCが入るより楽しめましたv
最近こんなパターンですよね。

チケット
今回チケットからこんな和モノで、私このようなテイスト好きなんで久しぶりにウキウキ物販並んできました。
ただ、最近買っても一度見たきりってことが多いのでパンフは買わず。
黒地にピンクで模様があるのって大好きなので、この鯉模様のTシャツを買う予定でいたんですけど!
間近で裏と表見まして……やめました(^^;
だって、気に入った鯉のは前はいいんだけど、後ろが千社札風に「T.M.R」って大きく書かれてて(^^;
それ以外に2種出てたんだけど、それは大きく家紋(ご一緒していただいたRさんに聞いたところ「西川家」の家紋らしい・・・)が描かれててこれまた微妙。
ジャケットとか着ればいけるかなーとか思ったけど、結局悩みつつやめて、その代わりタオル買ってきましたvvvv
タオル一枚だけど、本当久しぶりに物販にお金おとしたなぁ~。あはは。


舞台のセットは、脇に朱色の鳥居を模したような柱が3本ずつと欄干みたいな橋がありまして、すごく和風。なのに、中央階段上はどこぞの神殿かのようなものがあり、上にはシャンデリア。
やっぱりキラキラしてるなぁ~。
私何気にabsが苦手なんですけど(曲はいいし、きっとライブは盛り上がると思ってるんですが)、なんでなのかなーとか思ってたところ、セットリストさがしてるときにいろいろ見てて、その中に「あのキラキラ加減がすきなんだよね」って書いてる人がいて、「あ、それだ!」と1人納得(笑)
あの王子なところが好きみたいです、私(笑)
前半部分は勧善懲悪なお話にそってセットや曲などがすすんでいくんですけど、そのあたりは脇の日本風な部分が際立ってくるわけですが、途中夢の雫あたりのバラードのときとかは中央のスクリーンに雪舞うような映像が映ったりしてるときは、神殿もどきのような枠とシャンデリアがいきてきて、脇の朱色の柱は色がおさえられて普通のオブジェになったりで、やっぱり金もかかってるだろうけど、セットはいつもすごいなーと思う。
映像に関しては…はっきりいえばそんなに見てないので触れないでおきます(^^;
衣装も途中までは和モノだったかな。後姿が着物っぽかったり。
でも、最後は半ズボンで!どうやら初日あたりはもっと短くて際どかったみたいですv

一番ノッたのはやっぱり本編最後の魔弾やらそのあたり。
あのあたりはノンストップでしたvvv
逆に1回目のアンコールのハイプレッシャー、ホットリミット、ホワイトブレスあたりは、自分的には嬉しいラインナップだったけど、ノリとしてはやっぱり本編最後の数曲のがライブ的にいいですねぇ。

そうそう、あの人滋賀県の観光大使に任命されたんですよ。
昨日聞いて「ほえ~」と。
新聞
京都新聞に載ってました。
いつもならあちこちで水吹きまくってるはずが今日は大人しいなと思ってて。
以前もそんなにノってなかったとき(お客のノリに不満があったときなど)にはそんなサービス(?)なかったから今日も?と思ったところ、どうやら「職員の人に、このホール綺麗なので汚さないでくださいね」と言われ、観光大使を任命された手前それがやれず手が震えてたそうです(笑)
なので、水まくまねとかしてましたよ、あの人。
しかも、バケツから手でちょびちょびまく感じ(爆笑)
なんだかなー、可愛いよ。
トークはほとんど観光大使のことでした。
名刺もアップされてました!
ほしいー!っていう声に、近場にはやらん!と。
遠くの人に配ってくださいってことで、それこそパプワニューギニアとかそんなところの人じゃないとダメとか(^^;
それって、ほとんど配れないじゃん。
後は、バンドメンバーに向かって「滋賀県って琵琶湖がほとんどで、その渕沿うようにしか陸地がないと思ってるでしょ?」とか「滋賀県民は足元毎日ぬらしながらとか、もしくは水に浸かって生活してると思ってるでしょ?」とか延々聞いてました。
いやいや、さすがに誰もそんなこと思ってないよ~。
相変わらずトークは面白いなぁ。
歌になるとパワフルなのに、トークになると面白さとともにちょっとヘタレるときのギャップがやっぱりすきなのかも。
観光大使になったってことで、そろそろ琵琶湖とかでのイベント実現するんでしょうか。
するなら何をしてでもかけつけるのにー!!

さすがにセットリスト書ける状態じゃありませんが、どうやら最後の曲は「VITAL BURNER」に変わったみたいで。
観光大使となって、また地元に戻ってきて、ここからまたスタートという意味でみたいなこと言ってましたかね。
それまでは「CHASE / THE THRILL」だったようです。

でも久しぶりの西川くん。
いろいろ元気をチャージしてきました!
ただ、そのおかげで今眠いです…><


チケット取ってくれたSさん、そしてご一緒していただいたRさん(さすがにご覧になってないかと思いますが…)ありがとうございました!

次はもう来年の大阪なのがちょっと残念ー。
スポンサーサイト

Posted on 2008/10/26 Sun. 00:59 [edit]

category: T.M.R

TB: 0    CM: 3

26

琵琶湖♪ 

11年目の1発目のライブレボリューションへ行ってきました。
かなり燃え尽きてきました。
3Fなのでノリに不安があったのですが、そんなことは微塵も感じることもなく、逆に4月の大阪よりも良かったです。
おかげで面白いトークもいっぱいあったのに、ほぼ飛んでます。
何言ってはったんだろう…。
本気でいいライブでした。


セットリストはほとんど4/1に書いたのと同じ。
ただ、1曲をのぞいて。
これに関してはもう少し後に書きます。


今回は3Fなので、前回かなり見逃した後ろの映像を見ようと思っておりました。
が、前回以上にそんな余裕がなく、とりあえず西川君に集中!みたな感じで。
今回の琵琶湖ホールなんですが、オペラとかもできるという装置も音響も素晴らしいホールなんですね。特に音響がいいというので、一度はここで聞いてみたいと思ってた会場でした。
で、その音響なんですが、めちゃんこ素晴らしかったです。
今まであまり2Fとかで聴いたことがないので比べる対象が少ないのですが、今までの中では一番いいんじゃないかと思います。
普通巨大なスピーカーがあるのはステージ左右なので、たいていは前から音がバーンとやってくるような感じがするんですが、ここは音が天井を通って、そして壁を通って伝わってくる感じで、ベタな表現をすれば音に包み込まれてるという感じ。
すごく大音量で聞こえてるのに、それなのに耳にはうるさくない。すごくヘンな印象でしたけど、すごく良かったですvvv ←もうすでに意味不明ですね(^^;


本編は前半で飛ばして、途中のバラード数曲で少しクールダウン。そしてラストはまたまた飛ばすといういつもの方式ですが、今回4月のときよりも長く感じました。
なんでだろ?勿論退屈してたなんてありえませんよ。
でも、何故かすごく長く本編をやってた感じがあります。
そして、『魔弾』だったっけ?
もうそのあたりの記憶が飛んでますが、サビに入る前だったかの1拍だけある無音時間のところで言われた言葉が「琵琶湖」!
ついつい笑っちゃいました(^^;
そうそう。
西川君は客席あおるときに、大阪なら「行けるよな、大阪!」みたいな感じで地名を叫ぶんですけど、今回は普通に滋賀っていうのかなぁって思ってたら、「いけるよなぁ、琵琶湖!」でした。
なんか琵琶湖っていう響きに笑いを感じてしまう私でして、聞くたびにクスっときてました。
そしてやっぱり「Twinkle Million Rendezvous」がいい曲だなぁと思いましたvvv この曲好き。でもこの曲がくるとたいてい最後の方なので哀しくもなります。今回も本編最後の曲ですしね。


そしてアンコール後に今回もトーク。トークに関しては思い出した順に書いてると思いますので、多分かなり順番バラバラ。
でもって記憶もすでにあいまいなので、勝手に話をつくってる場合も有(爆)

まずは琵琶湖ホールについて。
上の方って見やすいの?という問いに対して、みんな「見えるー」と言ってるのに、逆に聞こえたらしく、「それはお役所に文句を言ってください」といってました(笑) しかも、自分に相談もなしに作るから、こんなもんができるんや…だそうです(笑)
というのもこのホール、先ほどオペラにも使えると言ってたように、舞台がすごいんですよ。普通に見えてる舞台のほかに後ろに同じだけのスペースが、そして左右もそれなりのスペースがとってあって、舞台を回転させることができるんですよ!
が、西川君曰く、滋賀でこんなホール使っても8割方無駄でしょとドキッパリ。それこそ某劇団○季が年間公演とかしない限りは…と。
で、そのときにじゃぁ西川君が!みたいなことがあって、「それはやりたいけどでけへんねん」と。
というのも、あっちで泣いてる女の子がいたら僕が行き、あっちでいじめられてる少年がいたら僕が行き、ぶっちゃけ行ってるんですと…。じゃぁ、私がここで今泣いてずっとここにいてって頼んだらいてくれるのかしら?なんて思っちゃいましたよ(笑)
今回のホールなんですが、横とかに赤い幕がかなりゴージャスな感じであつらえてあったりするわけですが、今回の舞台装置にすごくマッチしてて!
はっきりいえば、どこからどこまでがセットで、どこからが舞台なのかがわからないくらい。
西川君もツアーが終わったらここにずっとおいておけばいいのにと(笑)
このセットの前でエレクトーン発表会とか、喉自慢とかやったらいいじゃないと(笑)

琵琶湖ホール外観   琵琶湖ホール内
ちなみに、左が琵琶湖ホールの外側、右が今回のセットです。
見づらい写真ですので伝わるかはわかりませんが……。


そしてそろそろ琵琶湖でも大きいところでやったりしたいねという話になり、会場も「やりたーい!」となったところで、これもまたお役所にねだってとのこと(笑)
市役所の前で大合唱してみるとか、このままデモ行進して帰るとか、そんなことを地道にやってみてくださいと…。
あはは。でも、本当に琵琶湖での野外とかあったら嬉しいのにvvv

今回は前日から前のりしてたらしく、昨日は甥っ子たちにゲームを西部で買ってあげてたらしいです!!!しかもそのまま横のパルコでCD買ってたりしたらしく…って会場と目と鼻の先じゃん!
てことは昨日からここうろついてた人たちは目撃されたのかしら~?
で、その話をされてるときに、1F(?)の後ろの方から声がかかったようです。
その声をかけたのが甥っ子だったわけで!!!
そのとたん西川君が、「あれメチャ身内やん、ええこと言われへんようになった」とたじろぎだし、でもって甥っ子が声をかけたのかな? その甥っ子に対して「今お兄ちゃん仕事中やから。また終わってから遊んであげる」と返してる西川君が萌えでしたvvv
もう、可愛いのーー!
そういえば私はこの子が生まれるときにちょうどライブ行ってました。
何のツアーだったかな。確か第3・第4都市を回るというツアーのときだったと思うんですけど、そのとき奈良と滋賀で二日連続でチケットが取れたんです。
で、まず自分的初日の奈良の橿原に行った時に、まだ生まれないという話をしてたんです。
そして翌日の滋賀の守山での挨拶で、無事生まれましたとの報告があったんですよね(^^)
そう考えるともうだいぶ大きくなったんでしょうね~。
そして西川君はこの甥っ子たちが可愛くて仕方がないようですvv
やーん、羨ましい!

話はちょっと戻ってしまうんですが。
この滋賀で折り返しという話をしてました。
ライブも折り返し、そしてその1発目はどうしても滋賀でしたかったとのこと。
やっぱりここが自分の故郷だし、育ててくれたところだし、とても大事な場所だと。
そしてライブも折り返しなら、自分がこの滋賀で育った時間と、そこから出て行った時間もちょうど半々になったそうです。
最初は正直滋賀出身ですというのが恥ずかしかった時期があったけど、今は堂々と滋賀出身だといえるし、僕は必ずここにいつも帰ってきますと、関西の人間にはとっても嬉しい言葉をいただきましたvv



そして!!
「この11年目の新しいスタートにこの曲を贈ります」という言葉とともに歌われた曲が。


 『独裁』 


マジで泣くかと思いました。
ていうか、表には出せませんでしたが、心ではメチャ泣いてました。
まさかここでこの曲が聞けるとは思いませんでしたもの><
私としても、多分この曲がなかったらファンじゃなかったかもしれません。
また、このシングルが発売になったときに、運が悪くてイベントに参加してなかったら、やっぱり今こうやってファンじゃなかったかもしれません。
でも、もしかしたら逆にもっとはまってたかもしれません。
だけど、今私がこうやって西川君のライブに行ったりしてるのは、全てこの曲から始ってます。
「BLACK OR WHITE」の時も西川君のことは知ってましたし、シングルも買ったけど、好きになるとは思わなかった。
でも、「独裁」を買ったときにイベント参加して、西川君がどんな人かを少しかいまみた時点で堕ちてました。
そう考えると何が縁になるのかわかりませんね。
でも、この曲がこうやって11年目のライブで聞けるのは、本当に嬉しかったです。
ありがとう、西川君。



やっぱり好きです。
これからもやっぱりついていきます。
とりあえず次のUSJには参加したーい!!!



今日は本当に素敵な日でした!
ライブ時間も約3時間という長丁場でしたが、本当に充実したライブで、私の中でもベストに入ると思います。
それでもまだ私の中ではジョーカーツアーの3/3だったはずの大阪が一番のベストライブですけど。でも、それに匹敵するくらいには素晴らしいライブでしたvvv
また、滋賀県に帰ってきてねv
そして今度こそ琵琶湖ライブを是非!



もうすでに読み直すことができませんので、このままアップ。
記憶もなにもかも飛んだ状態ですので、文章もいつも以上に壊れてそうです……。

Posted on 2006/05/28 Sun. 02:16 [edit]

category: T.M.R

TB: 0    CM: 3

28

祝10周年!! 

とにもかくにも叫びたいです!!


T.M.Revolution 

10周年おめでとうございます!!!



早いもので10周年ですねぇ~。
これにあわせていろいろ語りたかったんですけど、旅行から帰ってきていろいろと情報収集してたら、結局11時半すぎてました。

とりあえず今日のUSJでのパレードは、ちょっと情報が錯綜してるのでどれが本当なのかはわかりませんが、一応パレードは少しあったらしいですね。
が、どうやらファンの一部が暴走した為に中止になったとか??
もしくは雨で中止になったとかいろいろと語ってる方が…(^^;

で、今日の重大発表とは。


9月19日にUSJでライブだそうです~vv


9月19日といえば、西川君のお誕生日ですね。
うん、まだちゃんと覚えてた(笑)
ほら、あまりにもファンが多いだろうと思い、こういった誕生日にあわせて手紙書いたりとかしなくなったので…。

以前も言いましたが、10年も自分も西川君追いかけてるとは思いませんでした。
さすがに10年前のファン度と今のファン度を比べると格段に熱は落ちてるかと思いますが、それでも曲聴いたらやっぱり好きだし、ライブ行ったら癒されるし元気でるし。
なので、やっぱりなくてはならない存在の一つなんですね。
そりゃ、最近は雑誌も読まなくなったし、普段はCD買ったりたまにテレビ見たりするくらいですけど。
でも本人が言いたいと思ってることは、恐らくライブでぶつけてくれてるだろうし、それは自分なりに受け止めてると思うし。
はっきりいって西川君に関しては、彼がこれから行く方向を決めてくれて、それに私はついていくだけだと思ってます。
いえば大きなお船みたいな感じ?
西川君が船長さんで、うちらファンは舟を動かす船員で、船長さんの指示に従って舟を運行していくような、そんな感じです。
これからもその指示によっていく場所に私も行こうって思ってます。
まぁ、時には乗り遅れることもあるでしょうけど(^^;
それでも先にあるものを信じて、私も進むのみですvvv


にしても9月って取れるのかな、チケット?


あ、そうそう。
琵琶湖ホールのチケットが到着してました。
1階席じゃなかったのは2回目かな?初めてだったっけ?と考えてたら、そういえば一度だけ大坂城ホールで2階席ってのがありました。
それ以来です。
てか、ぶっちゃけ3階席でした。
今回は本当に行ければラッキーなので、それだけで満足です。
でも、実際に行ったことのある父親が言うにはだいぶせり出してるから、上のほうが見やすいんじゃないか?とのこと。
まぁ、行ってみなければわからないので、当日ドキドキしながら行こうと思います。
琵琶湖ってことでどうしても行きたかったので、高校時代の友人の結婚式の二次会欠席して行きます…(^^;
ごめんね…。


あ、ギリギリ13日中にアップできそうvvvv

最後に本当に10周年おめでとうございます。
これからもついていきます!

Posted on 2006/05/13 Sat. 23:56 [edit]

category: T.M.R

TB: 0    CM: 2

13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。